激しいぶつかり合いから、
感動は生まれる。

別荘脇の車にエンジンをかけた時、一日の仕事が始まる。
午前中は、雄大な鳴門大橋を眺めながらのワーケーション。

鳴門の渦潮は、速い流れと遅い流れがぶつかって生まれる。
今日は、妥協のない良い仕事ができそうだ。

別荘脇の車にエンジンをかけた時、一日の仕事が始まる。
午前中は、雄大な鳴門大橋を眺めながらのワーケーション。

鳴門の渦潮は、速い流れと遅い流れがぶつかって生まれる。
今日は、妥協のない良い仕事ができそうだ。

景色を変えれば、発想も変わる。

朝の作業が一段落ついたら、一旦うずしお台の貸別荘へ。
リモート会議をいくつかこなして、作業の続きに入る。

ミクロからマクロへ。ユーザー目線から俯瞰の視点へ。
考える場所を物理的に変えることで、
これまで考えつかなかったダイナミックな解決策も見つかる。

朝の作業が一段落ついたら、一旦うずしお台の貸別荘へ。
リモート会議をいくつかこなして、作業の続きに入る。

ミクロからマクロへ。ユーザー目線から俯瞰の視点へ。
考える場所を物理的に変えることで、
これまで考えつかなかったダイナミックな解決策も見つかる。

今日の仕事は、夕陽を締切にする。

集中力が途切れたら、エンジンをかけて仕切り直し。
次の「仕事場」までは、しばしのドライブ休憩。

移りゆく景色を見ながらアタマの中を整理したら、
西海岸に車を停めて、夕陽までに一気に仕事を片付ける。

別荘に帰ったら、今度は舌で「海の幸」を堪能しよう。


集中力が途切れたら、エンジンをかけて仕切り直し。
次の「仕事場」までは、しばしのドライブ休憩。

移りゆく景色を見ながらアタマの中を整理したら、
西海岸に車を停めて、夕陽までに一気に仕事を片付ける。

別荘に帰ったら、今度は舌で「海の幸」を堪能しよう。


仕事も気分もスッキリ。
淡路島でカーケーション。

移動カーオフィス付き貸別荘で、淡路島の360°オーシャンビューを仕事場に。
既存のワーケーションをアップデートする「カーケーション」という新スタイル体験。

移動カーオフィス
貸別荘
島の幸

移動カーオフィス

淡路島をまるごと仕事場に

潮騒派ワーケーターの相棒、移動カーオフィスが理想の一日を演出します。車種は洗練されたひろびろとした車内空間が特徴のGORDON MILLERを採用。乗ってきた自家用車と併用すれば海辺のワーケーション部隊に、島の食材買い出し部隊、そして貸別荘でまったり部隊と宿泊者それぞれの好みに合わせた淡路島時間を満喫できます。

貸別荘

専有面積=あの山の向こうまで。

大胆な開口部の設計により広大な淡路島の空へひと続き。8人掛けのダイニングテーブルでは活発なブレストを、外部とのZOOM会議には各寝室のテレワーク用のデスクを。

島の幸

海の幸、山の幸。そして空の幸。

がんばった一日の終わりには、空一面に夕陽のご褒美が。そして貸別荘に帰れば、淡路島名物の玉ねぎと海の幸で星空BBQ。

淡路島C-Side | スタイルに合わせて選べる全5棟

1号棟 | Tail Up
2号棟|Sky Arena
3号棟|Marine Terrace
4号棟|Dual View
5号棟|Hill Top Terrace

1号棟 | Tail Up

「飼い主さん専用」貸別荘、誕生。

貸別荘の優雅な時間を愛犬と一緒に過ごせます。淡路島の広い空の下で、気持ちいい芝生を走り回る愛犬を見ながら飲むコーヒーは格別。貸別荘からおうちに帰っても、しばらくはいいコでいてくれるはず。

2号棟|Sky Arena

Coming soon...

竣工次第、順次予約受付を開始いたします。

3号棟|Marine Terrace

Coming soon...

竣工次第、順次予約受付を開始いたします。

4号棟|Dual View

Coming soon...

竣工次第、順次予約受付を開始いたします。

5号棟|Hill Top Terrace

Coming soon...

竣工次第、順次予約受付を開始いたします。

Workation Style Magazine働き方上手さんのスタイルマガジン

淡路島C-Sideが運営するメディア「週刊ワーケーション関西」から、
オススメのカーケーションスタイルをピックアップ!

今日の仕事は、夕陽を締め切りにする。ワーケーション終わりに見たい「島の夕陽3選」

ワーケーションの「旬」はいつでしょう?外の風を浴びながら仕事がしたいという人には春~夏かもしれませんし、せっかくならランチや夕食を堪能したいという方には他の季節かもしれません。判断する尺度によって答えは様々ですが、仕事という軸で「夕陽を業務終了の合図にできる季節」と考えると秋~冬はベストタイミングで

潮騒派ワーケーターの聖地・淡路島。 編集部おススメの海辺くつろぎスポット

創刊時のTwitterアンケートで浮かび上がった「潮騒派」ワーケーターの存在。海の日や夏休みが近づくにつれ、心が騒ぎはじめた読者も多いのでは。編集部のある淡路島は、ぐるり360°がオーシャンビューのまさに「潮騒派の聖地」。車の窓を開けて、海沿いの道をドライブしながら潮騒の音をBGMにブレスト

働き方にも「多様性」を。編集部イチオシ!ワーケーションの「実行アイデア」6選

週刊ワーケーション関西では、これまで様々なワーケーションに関するアイデアを提案してきました。単なるバズワードではなく、創意工夫次第で働き方をもっと自由に、そして自分らしくできるこれからの時代に必要なスタイル、それがワーケーションです。今回は編集部イチオシの「実行アイデア」についてピックアップ

働くをもっと自分らしく。100人100色の「ワーケーションスタイル」

日本の職場においても比較的服装や髪型の自由度は上がってきましたが、「働き方そのもの」についてはまだまだ改善の余地はあります。リモートワークが普及し「仕事=オフィスに出社すること」という定義が揺らぐ今、改めて「自分の働き方スタイル」について見直してみるのもいいでしょう。そのひとつのヒン

海を見ながらの仕事の後は、星空BBQ。ワーケーション用の貸別荘が淡路島に誕生

徳島県・海陽町で導入された世界初のバス・鉄道の「二刀流」車輌=DMVが注目を集めています。レトロもぐっときますが、次代を開拓するイノベーションにはやはりワクワクします。これまで「ワーケーション」を軸に様々なスタイルを打ち出してきた週刊ワーケーション関西でも、近日画期的な世界初(?)のスタイル

今年こそ、ワーケーションを実行しよう。と思えるワーケーションの「3大メリット」

ワーケーションとはWorkとVacationを組み合わせた造語で・・・などと説明するまでもなく、ワーケーションという言葉はすっかり定着しています。しかし、興味はあるけどまだ実行できていない、という人がほとんど。昨年週刊ワーケーション関西では様々な切り口でワーケーションの魅力をご紹介してきまし

TOP